FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
CFw3.02OE-A&B
2006/01/04 3.02OE-A導入法追筆

~・~・~・~・~

302OEB


私のPSP1号機は現在CustamFirmware 3.02 Open Edition Revision B(CFw3.02OE-B)です。
CFwとはSONYから公式にリリースされたFwとは異なりハッカーの方によって改造され使いやすくなったFwです。以前はFw2.71に対応したCFw2.71SEが主流でしたが2006/12/22頃にFw3.02に対応したCFw3.02OE-Aがリリースされ、3.0以上のFwに対応したということで一躍主流になりました。
さてCFw3.02OEですが作者はPSPハッカー界ではDeviceHookのBOOSTER氏と双璧をなすDark_AleX氏であり、不具合の少なさや利点の多さからとてもすばらしいものであるといえます。
ただしCFwには最大の難点があります。それはSONY公式のものではないためSONYの保障対象外となり、導入中または導入後にトラブルが起き、PSPが再起不能になっても修理を受けられない可能性があるのです。
しかしそのリスクを負ってでもCFw3.02OE-Bは素晴らしいので、その利点と導入法を以下に書きます。


<CFw3.02OE-Bの利点>
[1]Fw3.02とほぼ同じ環境。ただしロケーションフリープレーヤーは使えない。
[2]手持ちのPSPソフトのバックアップISOをUMDディスクなしで起動可能(非対応のソフトあり)。
[3]エミュレータなどの自作プログラムを実行可能。
[4]手持ちのPS1ソフトのバックアップISOを起動可能。
[5]プラグインの導入によりスクリーンショットやチートを利用可能。
[6]リカバリー機能が装備されており、PSPがブラックアウトしたりフリーズしてしまうときに復旧することが(100%ではありませんが)可能。

ではCFwの素晴らしさを紹介したところで導入法を紹介しましょう。

<導入準備>
・3.02OE-Aのセットアップツール
 Filename: 302OE.rar
 Size: 186KB
 ├302oeflasher
 ├302oeflasher%
 ├flasher for recovery
 ├oeupdmaker
 ├oeupdmaker%
 ├psx_readme.txt
 └Readme.txt
・システムソフトウェア1.50のアップデートファイル
 Filename: EBOOT.PBP
・システムソフトウェア3.02のアップデートファイル
 Filename: EBOOT.PBP
・3.02OE-Bのアップデートファイル
 Filename: oeb.rar
 Size: 186KB
 ├OEB_UPDATE
 ├popstation
 ├psx_readme.txt
 └Readme.txt

必要なものがそろったらいざインストールです。


<インストール>
Readmeを読み、導入のリスクを理解したうえで、自己責任で導入してください。

[1]3.02OE-Aのインストール
3.02OE-Bは3.02OE-Aからのアップデートという形なのでまず3.02OE-Aを導入します。
3.02OE-AはFwがFw1.50CFw2.71SE-BorCの場合しか導入できません。それ以外の方はFw1.50にDowngradeするかCFw2.71SE-CにUPDATEして実行することになります。

~PC~
まずは3.02OE-Aのセットアップツールの「oeupdmaker」「oeupdmaker%」「302oeflasher」「302oeflasher%」の4つを
ms0:/PSP/GAME/(Fw1.50CFw2.71SEで1.50kernelの場合 *1)
ms0:/PSP/GAME150/(CFw2.71SEで2.71kernelの場合 *2)
フォルダに入れます。
「システムソフトウェア1.50のアップデートファイル(EBOOT.PBP)」を「150.PBP」に、「システムソフトウェア3.02のアップデートファイル(EBOOT.PBP)」を「302.PBP」にそれぞれファイル名を変更し、2つを先ほどの「oeupdmaker」、つまり
ms0:/PSP/GAME(150)/oeupdmaker/
フォルダに入れます。

~PSP~
ゲーム→メモリースティック→3.02 OE-A Update Maker
を実行します。結構時間がかかりますが、終了するとXMB(クロスメディアバー:PSPのメインメニュー)画面に戻ります。

~PC~
ms0:/PSP/GAME(150)/oeupdmaker/
フォルダを開くと「DATA.DXAR」が生成されています。この「DATA.DXAR」を
ms0:/PSP/GAME(150)/302oeflasher/
フォルダに入れます。

~PSP~
ここからPSP本体の情報を書き換えます。仮に失敗した場合、PSPが使い物にならなくなります。そのことをよく理解し、自己責任で行ってください。安全のためPSPのバッテリー残量が75%以上ある状態でないとインストールは実行されません。また不測の事態に備え、充電コードをつないでおくことを強く勧めます。
ゲーム→メモリースティック→3.02 OE-A Firmware Install
を実行します。画面が黒くなり英文がかかれます。×でスタート、Rでキャンセルします。最後に”Restart the psp manually.”とでますので電源スイッチを長押しして手動で電源を切り再起動します。再起動後、CFw2.71SEからのUPDATEの場合のみ設定を開くと内部情報が破損してるとして初期設定画面になりますので初期設定をしましょう。

~PC~
最後にセットアップツールの中で残った「flasher for recovery」ですが、リカバリー機能のために必須です。「flasher for recovery」フォルダ内の「RECOVERY」フォルダを
ms0:/PSP/GAME/
に入れましょう。
これで3.02OE-Aの導入は完了です。
作業後メモリースティック内の「oeupdmaker」「oeupdmaker%」「302oeflasher」「302oeflasher%」の4つは削除してかまいませんが、「DATA.DXAR」があると「3.02 OE-A Firmware Install」実行以前の手順を飛ばせるので、備えあれば…ということで保管しておくことをお勧めします。


[2]3.02OE-Bのインストール
いよいよ次にCFw3.02OE-Bを導入します。


CFw3.02OE-BになったPSPでの楽しみ方はまた今度紹介します。

参考:PSPUPDATES(QJ.net)3.02OE-A, 3.02OE-B
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ktasblog.blog87.fc2.com/tb.php/2-cd08391f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。