FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
CFWでPSPゲームを遊ぶ


CFWの特徴のひとつに、UMDをバックアップしたISOファイルをメモリースティックから起動することができる機能があります。

それではどのようにして起動するのか早速紹介しましょう。
この記事はVSH MENUでUSBを切り替えられる最新リリースのCFw3.71M33-2に対応しています。
<UMDをisoとしてバックアップ>
まずUMDの中身をメモリースティックに入れるため、バックアップつまりコピーしなければいけません。UMDをバックアップするには多くの方法がありますが、ここではもっとも簡単な方法を扱います。

SELECTを押して「VSH MENU」を表示します。メニューの中の「USB DEVICE」の項を「UMD Disk」に変更します。「VSH MENU」を閉じた後、PSPとPCをUSBケーブルでつなぎ、XMBのUSB接続で接続します。

PSPとPCが接続されると「UMD9660.ISO」というファイルが表示されます。そのファイルをPCにコピーし、ソフトがわかる名前にリネームします。


<バックアップしたisoを起動>
CFW導入済みのPSPでフォーマットしたメモリースティックにはすでに作られている
ms0://ISO/
フォルダに先ほど作成したisoファイルをコピーする。あとは
ゲーム→メモリースティック→game title
から実行。「VSH MENU」の「UMD ISO MODE」が「M33 driver」「Sony NP9660」「OE isofs」であればUMDなしで実行できますが、「Normal」のときは何か適当なUMDを入れる必要があります。
とはいえすべてのUMDがこの方法で起動できるわけではないので、起動できないものはUMDでプレイします。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ktasblog.blog87.fc2.com/tb.php/39-77d9c326
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。