FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
PSPでPS1を遊ぶ
ps1screen1

PSPはPlayStationPortableの略ですから、発売当初から「PSソフトが遊べる」と信じられてきました。PS3の発売に合わせてFw3.00をリリースし、まさにその夢がかなったわけです。しかしソフトはPS3を通して購入しなければならず、発売されているソフトはまだまだ少ないです。そこでCFw3.0Xの登場です。CFw3.0Xでは手持ちのソフトを起動することができます。

それではどのようにして起動するのか早速紹介しましょう。
この記事はソフトの圧縮起動の可能になった最新リリースのCFw3.03OE-Aに対応しています。

<PS1ソフトのisoをPBPに変換>
PS1をバックアップしたisoはそのままではPSPで起動できません。そこでPSPでの起動ファイルの「EBOOT.PBP」ファイルに変換します。

3.03OE-Aのセットアップツールにあった「popstation」フォルダをPCのCドライブ直下におき、必要ファイル(「KEYS.BIN」、「BASE.PBP」)を中に入れます。
さらに変換するソフトの必要ファイルも入れます。
・game.iso…必須。変換するPS1ソフトのバックアップイメージ。
・ICON0.PNG…XMBでの表示アイコン。
・PIC0.PNG…XMBでアイコン選択時背景の一部となる。
・PIC1.PNG…XMBでアイコン選択時背景。
・ICON1.PMF…XMBでアイコン選択時のアイコン動画。
・SND0.AT3…XMBでアイコン選択時の音楽。
popstation1
(ここでは「ICON1.PMF」「SND0.AT3」ファイルは入れていません。)


コマンドプロンプトで「cd c:\popstation」と入力。表示が
C:\popstation>
となるので「popstation "game title" game ID X game.iso」と入力。自動的に変換開始。

game title…表示されるタイトルです。
game ID…ソフトのケースに書かれているIDです。半角英字4文字と半角数字5桁です。(例:FFVII→SLPS00700~2)
X…圧縮率。0(圧縮なし)~9(最高圧縮)を入力。

画面に「Done.」と出たら変換完了です。先ほどの「popstation」フォルダに「EBOOT.PBP」が出来ています。
popstation2


「KEYS.BIN」と生成された「EBOOT.PBP」の2つを適当な名前のフォルダ(geme ID推奨)に入れ、そのフォルダを
ms0:/PSP/GAME/
フォルダに入れれば作業終了です。
ゲーム→メモリースティック→game title
で起動して確認してください。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ktasblog.blog87.fc2.com/tb.php/4-c28593e5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。